高反発マットレスのメリットとデメリットを徹底解説

 

高反発マットレスのメリット・デメリットは?低反発との違いは?

 

最近購入者が増えている高反発マットレスですが、そのメリットとデメリットについて解説します。まず、そもそも「高反発マットレス」として認められるマットレスの硬さや反発率はどのくらいなのでしょうか。その答えは「基準が無い」のです。それだけに購入の際にはメーカーや寝心地を確かめたいところです。素材そのものも重要と言えます。高反発マットレスのメリットは、寝たときに一定の所まで沈んだあとそこでストップして元に戻るので、寝たときに負担のかかりやすい体の部位に優しいという点です。

 

理想の睡眠姿勢を維持してくれるので、翌朝すっきりと目覚めることができます。睡眠中に体の部位ごとに掛かる体圧は、その部位ごとに異なります。比較的比重が多いのが「腰」や「肩」になります。高反発マットレスにすることで腰や肩に掛かる負荷を分散出来るので、腰痛や肩こりの予防・改善に繋がります。他にもメリットがあります。それは睡眠中に無意識で行っている寝返りがしやすいということです。体が必要以上に沈み込まない分、寝返りの動きもしやすいということなのです。耐久性が高いのもメリットの一つと言えます。

 

では、逆にデメリットはと言うと、他のマットレスに比べて価格が高めという点です。時々、低価格を売りにしている高反発マットレスも見かけますが、1日のうちの約3分の1はベッドの上などで過ごすことになるので、慎重に選びたいところです。

 

高反発マットレスを選ぶときには、ウレタンの密度やマットレス自体の厚みに着目してみてください。自分に合うマットレスを見つけるには、実際に触れたり横になってみるのが一番です。そして、高反発マットレスを販売している会社や店舗によってはお試し期間を用意していたり、返品・交換が可能となっているお店があります。

 

メーカーによっては凸凹加工を施していたり、防ダニ対策、また海外から取り寄せているものもあったりと、選択肢が多いのは魅力と言えるでしょう。

 

【高反発マットレスの選び方ガイド】腰痛に効果あり?低反発との違いは?

 

腰痛・肩こりに高反発マットレスが良いとされる理由は?

 

高反発マットレスのメリット・デメリットは?低反発との違いは?

 

高反発マットレスが腰痛や肩こりに良いと言われるのは何故でしょうか?結論から言うと高反発マットレスを使用すると睡眠における理想的な姿勢を維持しやすいからです。

 

人間が普通に仰向けの状態で寝る場合、最も負担がかかるとされる部分が腰と肩の部分です。この負担が大きい部分の負担をうまく分散してやることが腰痛や肩こりの改善につながります。

 

そして負担をうまく分散するためには、立っている姿勢がそのまま横になったような姿勢が最も理想だと言われています。

 

この理想的な姿勢を維持するのに、柔らかいマットレスでは不適切です。なぜなら、柔らかいマットレスでは、腰や肩など負担がかかる部分が沈み込みすぎ、理想の姿勢を維持しにくいからです。

 

また、逆に固すぎてもダメです。固すぎると負担がかかる腰や肩が痛くなり何度も寝返りをうつことになります。寝返りがあまりに多すぎると体が休まらず疲れが取れません。

 

このように柔らかすぎても固すぎても理想の姿勢が崩れやすくなってしまい腰や肩を痛めることになるのですが、高反発マットレスは丁度よい固さになるように調整されているため、理想の姿勢を維持しやすくなり、腰痛や肩こりの改善が期待できます。

 

また高反発マットレスという名が示す通り、高反発であるので、寝返りをうつのを助けてくれるという特徴があります。普通の布団や低反発マットレスで一回寝返りをうつのに100の力が必要だとすると、高反発マットレスでは80程度の力で寝返りをうつことが可能なので、体が疲れにくくなります。

 

他にも、高反発マットレスは他のマットレスと比較して耐久性に優れているという特徴があります。耐久性が低いと腰や肩など負担がかかる部分がすぐにへこたれてしまって理想の姿勢が維持しにくくなり腰痛や肩こりの原因になりやすいのですが、高反発マットレスは耐久性が高いので長い間質の高い睡眠をすることができます。

 

このように、高反発マットレスは睡眠時の理想的な体制を維持するために最適な設計になっているため、腰痛や肩こりに良いと言われているのです。

高反発マットレスと低反発マットレスの違い

 

高反発マットレスのメリット・デメリットは?低反発との違いは?

 

高反発マットレスですが、高反発の素材を使用しているので、身体の圧力をかけても身体が沈みにくいのが特徴です。
身体からかかる圧力を分散してくれるので、身体が痛くなりにくいメリットがあります。
高反発は耐久性に優れており通気性も優れているので、季節を問わずに快適に使用することが出来ます。
腰痛や肩こりなどの悩みがある人は、高反発マットレスを使用する方が良いでしょう。
適度な硬さがあるため、寝返りをうつのもスムーズに行うことが出来ます。
人間は脱力した状態で寝返りをうつということが、睡眠の質を高めることに繋がります。
人間にとって寝ている間に寝返りをうつということはものすごく重要なことです。
ずっと同じ姿勢では血液やリンパ液の流れが悪くなってしまい、身体によくありません。
日本では高反発マットレスを使用している人の方が圧倒的に多いというデータもあります。
欠点としては値段が高いことがあげられます。
また厚みがあるので狭い家などではしまうことが出来なかったりしてしまう可能性もあります。
低反発マットレスですが、反発力が低く力がかかると沈むのがゆっくりで、戻るのもゆっくりなスポンジを使用しています。
ウレタン素材なので、圧力や衝撃の吸収に優れています。
身体がつつまれているようなフィット感を感じると思います。
低反発は高反発のものよりも安く手に入るものが多いのが特徴で、商品によっては自宅で洗濯できるものもありますし、厚みのないタイプのものが一般的なので収納もしやすいと言えます。
寝心地を重視したい人は低反発マットレスを使用すると良いでしょう。

手足のしびれなども解消してくれます。
欠点としては柔らかい性質のため、必要以上に身体が沈みこんでしまうことです。
必要以上に身体がめり込んでしまうと、これが腰痛や肩こりの原因になってしまうことが多いのです。
通気性が良くないので、日本の場合、梅雨の時期や真夏の時期などは寝苦しさを覚える人もいるかもしれません。

 

浮圧敷布団「雲のやすらぎ」の口コミ・効果は?

 

高反発マットレスのメリット・デメリットは?低反発との違いは?

 

「雲のやすらぎ」とは、柔らかい触り心地で体に優しく、良質な睡眠をもたらしてくれると話題の敷布団です。雑誌やテレビなどのメディアで多く紹介されているので、名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

雲のやすらぎは高反発マットレスです。体圧を分散させて、寝ている時の体への負担を軽減し、良質な睡眠をとることができるという効果があります。腰痛に悩んでいる人でも、腰にかかる負担が少なくなるため、痛みでよく眠れないといった症状を改善します。まるで雲の上にいるような安らぎを得ることができるというキャッチフレーズから、「雲のやすらぎ」という名前が付けられた商品です。

 

気温が高いときでも寝苦しくないように作られた春夏面と、寒い夜でも暖かく眠ることができる秋冬面の両面があるので、一年を通して使うことができる敷布団です。特に秋冬面は高級羊毛を使用しておりとても暖かく、冷え性の人や子どもでも寒い日に眠りやすいと言えるでしょう。

 

雲のやすらぎについて、インターネットなどにさまざまな口コミが寄せられています。腰や肩の痛みが緩和されてよく眠れるようになった、疲れがとれやすくなったという口コミが多いです。激しいスポーツをした後の筋肉痛や関節痛も、以前と比べて回復しやすくなったという声もあります。体重が重いので布団が潰れてしまい眠りにくかったという人も、高反発の雲のやすらぎは潰れることがなく、深く眠れるようになったという意見があります。また、高齢の方の口コミも多いです。年を重ねるにつれて睡眠が浅くなってしまっていて悩んでいたが、雲のやすらぎを使ってみると以前と比べてぐっすり眠れたという嬉しい声もあります。

 

このように、雲のやすらぎについてはさまざまな口コミが寄せられています。さまざまなお得に購入することのできるキャンペーンが行なわれていることが多いので、一度ホームページを訪れてみるのも良いでしょう。

 

ストレス社会と言われる日本では、ストレスによる睡眠不足で悩んでいる人が多いです。

 

高反発マットレスのメリット・デメリットは?低反発との違いは?

 

睡眠は、食事と同様、人間が生きていくうえで必要不可欠な大事なものです。
疲れを取るには、夜にしっかりと眠ることが大事です。
また、質の良い睡眠を取る事も重要です。
人間の脳が休めるのは、睡眠中だけなのです。
ですから、睡眠の質が下がってしまうと、脳の疲労回復に時間がかかってしまいます。
質の良い睡眠を取るためには、寝る前にパソコンやスマートフォンなどの画面を見ないことも大切です。
また、食事は、なるべく睡眠の3時間前までに取るようにします。
寝る前にお風呂に入って体を温めることも、睡眠の質を高めます。
さらに重要なのが、寝具選びです。
寝心地が悪い寝具だと、寝苦しくなり、途中で起きてしまうことがあります。
最近、快適に眠ることができると口コミサイトでも高い評価を得ているのが、雲のやすらぎです。
雲のやすらぎは、厚さが17cmもあり、独自の体圧拡散製法により、体に負担がかかりにくい敷布団です。
雲のやすらぎは、5層構造で、フランスのロレーヌ地方で産出される羊毛を使っています。
しかも、ロレーヌダウンの中でも、最も上質な背中の毛の部分を採用しています。
温度と湿度をコントロールするのは、羊毛が最適だと言われています。
通常の布団だと、眠っている時に肩や腰に負担がかかることが多いです。

しかし、雲のやすらぎは、腰、背中、お尻などの負担を研究し、独自の体圧拡散製法であるクロスクラウド製法を採用しています。
体に負担がかからないので、快適な睡眠が可能なのです。
人間は、睡眠中にコップ1杯の汗をかくと言われています。
雲のやすらぎは、通気性が良く、さらに保温性にも優れた布団です。
また、ダニを防ぎ、さらに抗菌防臭効果もあります。
リバーシブル仕様となっているので、季節によって使い分けることができます。
ダイヤ模様の面が冬仕様で、反対の面が夏仕様です。
17cmというボリュームがあるので、床に強いても底付き感がありません。