やわらかすぎるマットレス・敷布団は体に負担をかけている?

 

マットレス・敷布団はやわらかければイイってもんでもない?

 

人間は日中の活動中に仕事や様々な活動によって、筋肉や目が疲れるため、ある程度の活動をした後に疲れを取るための睡眠を必要としています。睡眠とはいっても、ただ大人しく横になるわけではなく、無意識にからだを調節する働きを持っています。無意識に体を良い方向に持っていこうとする働きは、起きている間ならあくびやくしゃみといったものがありますが、睡眠中でも寝返りをうつなどの方法で体のバランスを取ろうとしています。

 

ところが、やわらかすぎるマットレスや敷布団を使用していると、背中やお尻が深く沈み込みすぎてしまいます。こうなると起き上がる以外に体を動かすことが難しく、寝返りをうつことさえできなくなってしまいます。体を動かさずにじっとしていれば分かりますが、背中や腰などの血液が停滞して場合によっては痛みを伴うこともあります。やわらかすぎると腰を痛めると言われるほどで、血流を良くするためにも寝返りをうちやすいマットレスなどが必要になってきます。

 

睡眠中の無意識運動を妨げないようマットレス選びが重要になってくるので、インターネットで販売されているものも多いですが、本気で悩んでいる人は実店舗で試しに触ってみたり、寝ることができるならば実際に横になってみることが大切です。人気のある低反発マットレスは反発力はあるのですが、一定の重さを支えるほどの力はなく、よほど体重が軽い人でない限りはすぐに沈み込んでしまいます。

 

特に厚みがあればあるほど深く沈むので、背中に違和感がある、腰痛が気になるという人は利用しないようにします。低反発とは逆になる高反発マットレスは、硬すぎず柔らかすぎない反発力で、体重のある人でもしっかりと支えて深く沈まないような設計となっています。

 

そのため、寝返りなどの邪魔にならず、程よい沈み方で体圧分散をしてくれるので、背中のS字カーブを維持して最適な姿勢で眠れるようになります。お店などで触ってみると硬すぎると思うかもしれませんが、横になっていると徐々に沈むので、やや硬いと感じるくらいが丁度良いと言われています。